グッズ販売でLINEスタンプ売上がアップ?

グッズ販売をスタートしました

ミンネのCMの影響力

ハンドメイドマーケットのminne(ミンネ)にグッズをいくつか出品してみました。というかすでにみてました。
20150306_1

※缶バッジです
こちらでもともと違うお店を運営していたので、操作を覚えなくてすむという理由で迷わずミンネを選んだのですが、いいタイミングで、2/14からテレビCMの放映が始まっていたのです。
そのギャラリーでは、お買い上げ頻度やお気に入り数が微妙にアップ。新店舗ではまだご利用はありませんが、なんとなく、なレベルでスイート・ドールズの売上がアップしている気が…(・o・) もしかすると、ミンネで存在を知ってくれた方がいるのかもしれません。これはやる気が出るというもの!
これでグッズ販売はLINEスタンプの宣伝につながる「かも!」の結果になりました!維持費かからず、宣伝サイトが増えるならやらない手はない、もん…ね?ね?ね?(弱気)

オリジナルグッズの販売方法

オリジナルグッズ販売というと、SUZURIpixivFACTORYといった作成代行サービス、ミンネのようなハンドメイドマーケット、独自ショップなどの方法があり、カンタンに比較すると…

独自ネットショップ

サーバーにアプリケーションをインストールする方法なら、運営・宣伝・メンテナンスは全て自分でやるかわりに最低振込金額も販売手数料も振込手数料もなく、デザイン・システムなど自由がきく、運営に売上情報が知られないなどのメリットがありますが、取引・やりとりがクローズドなのは危険要素も大きく、企業は別として、特定商取引法の表示を躊躇するような個人ならおすすめしたくありません…ちょっとひどい目にあったことがあるので(;´∀`) 
個人的には、売れて売れて手数料が莫大になったらで検討でよいかと思います 笑

作成代行サービス

SUZURIpixivFACTORY(販売はBOOTH)など、在庫を持たないオーダー後制作、いわゆるドロップシッピングのグッズ作成サービス。データをアップロードするだけでサービス側が受注・決済・制作・発送まで全部やってくれます。個人情報の開示も不要で安心。アイテムの原価に上乗せした分がクリエイターの利益になるしくみ。時間がない、作れない、カンタンに始めたいといった人向け。
原価はグッズ作成サービスでのオーダーより割高なよう。沢山上乗せすれば他と比較されて売れにくくなるし、取り分を減らすと沢山売れないと最低振込金額に届かない。お小遣いが目的だとなかなか厳しいかもしれませんね…

ハンドメイドマーケット

各サービスにそれほど大きな違いはないと思いますが、利用中のminne さんを例にご案内。例えれば、ミンネという大きなセレクトショップ。サイト自体にも宣伝力があり、更にショッピングモールのカラメルと連携しているので、商品が目に触れる機会は多そうです。デザインやカテゴリの自由はききません。
決済のみ代行してくれますが、撮影・商品説明・納品書・梱包・発送といった作業は自分。最低販売価格は300円から、売上には10.8%の販売手数料がかかります。最低振込額は1,000円以上、振込み1回につき172円の手数料。振込タイミングは選べず、1,000円を超えていたら月末に振り込まれます。
いわゆる縫う、編むといったハンドメイド技術がなくても、自分の作品であれば、Tシャツやマグカップなどを外部でオーダー制作したアイテム販売がOKとのこと。沢山作れば単価が安くなるけど、売れなければ在庫は残る。判断は難しいところですが。

何をつくろう?

わたしのLINEスタンプ軍の場合、どれもキャラクターありきのものでなくて、グッズというとちょっと頭を抱えてしまうのですね。動物キャラクターなら、そのままプラバンだとか羊毛フェルトでも可愛いのにね…。
審査中のものなど、今まで以上にグッズ化しにくい。キャラクターそのものでなく世界観つながりで作ろうとは思ってるんですが、ガイドラインがないというだけで、もう頭の中、ふざけたものしか浮かばない。もう、人の作品のキャラグッズ作りたいわ(ノД`)
LINEクリエイターさん、長い審査中、グッズ販売おすすめですよ!(*´ω`*)
ブログランキング
帰り際にポチ!いただくと励みになります!
他のLINE系ブログも見られますよ!
人気ブログランキング LINE
にほんブログ村 ネットブログ LINEへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク